/

埼玉西武ライオンズ、NASA開発素材使い「涼しい氷」

プロ野球埼玉西武ライオンズは、米航空宇宙局(NASA)が開発した素材を使った暑さ対策商品「マジックアイス.28」の販売を始めた。商品を首に巻き付けると、1時間半から2時間程度、夏の適温とされる28度を維持する「涼しい氷」で、スポーツ観戦ほか屋外での利用を想定する。

商品は冷蔵庫などで冷やして固体の状態にし、首に巻いて使う。ライオンズカラーの青を基調としたデザインとし、ロゴマークも入っている。球団のオンラインショップと本拠地メットライフドーム(埼玉県所沢市)に隣接するグッズ販売店で販売する。

球団によると、NASAが開発した新素材が温度の上昇や下降を抑え、安定した温度を維持。液体になっても、固体に戻せば半永久的に使えるという。同球団は「屋外でも涼しい気分を味わえ、野球観戦以外の場面でも使える」と話している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン