/

この記事は会員限定です

大型野菜工場、静岡で相次ぎ稼働 異常気象でも安定生産

[有料会員限定]

静岡県内で野菜工場による野菜の生産量が伸びている。エネルギー管理が得意な電力会社などが、栽培ノウハウを確立した農業スタートアップなどと手を組んで大規模な野菜工場を建設する動きが広がっている。異常気象などによってレタスなど葉物野菜の供給は不安定になっている。安定供給が可能な野菜工場に商機を見いだしている。

栽培するのは「非結球レタス」と呼ぶ丸くない品種。静岡県は非結球レタスの生産量が2206トンで国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1075文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン