/

仙台の次世代放射光施設、愛称は「ナノテラス」

量子科学技術研究開発機構と光科学イノベーションセンターは6日、東北大学青葉山キャンパス(仙台市)に整備中の次世代放射光施設の愛称を「NanoTerasu(ナノテラス)」に決定した。同施設が研究や観察の対象とする「ナノ(10億分の1)の世界」を示し、放射光がその世界を明るく照らして観察する強力な光であるという特徴を表していることなどから公募で選ばれた。

愛称披露式であいさつした東北大学の大野英男学長は同施設と連動して整備しているサイエンスパークについて「課題解決のプラットフォームとして日本のイノベーションをけん引する気概で進めていきたい」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン