/

東京・江戸川区、全窓口で遠隔手話通訳 タブレット通じ

(更新)

東京都江戸川区は区役所の全ての窓口で手話通訳できる体制を整えた。タブレット端末の画面を通し、遠隔地にいる手話通訳オペレーターが聴覚障害者の手続き業務をサポートする。

これまでは火・金曜日の午後1時から4時に限定し、手話通訳できる外部スタッフに来庁してもらって対応していた。今後は業務時間中なら予約なしで手話通訳を利用できるという。

同区は2018年に手話の理解の促進と普及を目指す条例を制定。通院や介護など手話通訳が必要な場合、区民の申請に応じて手話通訳者を無料で派遣する取り組みも実施してきた。無料派遣は21年度で144時間。区の担当者は「今後もデジタル技術を活用しながら、行政サービスの向上に努める」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン