/

10万円給付、群馬・高崎市はクーポン併用 地域振興狙う

群馬県高崎市は、18歳以下の子供がいる世帯への国の10万円相当の給付について、5万円分を国の当初方針通りクーポンで配布する。発送を前倒しして1月中旬から開始する。多くの市町村が現金給付に切り替えたが、地域経済への波及効果を少しでも高めるためクーポン併用を貫く。

群馬県内の35市町村でクーポン併用は高崎市だけとなった。市役所には一部の住民からは全額現金での給付を求める声が寄せられたというが「(利用可能店が多いなど)クーポンは使いやすいので、それほど批判の声はでていない」(富岡賢治市長)としている。

同市でのクーポン総額は約30億円。一定の消費喚起効果を見込めるため、富岡市長は「(クーポン併用は)全国で高崎市だけになっても実施する」との強い考えを示した。

迅速にクーポンを届けるため、高崎市では国が予定していた3月より前倒しして今月10日以降に発送する方針。クーポンの使用期限は7月末まで。

10万円相当の給付を巡って、国は当初、現金とクーポンを併用する方針だった。ただ、経費や時間がかかるなどの批判が出たことを受け、全額現金での給付を認めていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン