/

この記事は会員限定です

金融機関の店舗跡にカフェや図書館 地域の交流拠点に

[有料会員限定]

地方銀行や信用金庫の旧店舗・跡地を地域の交流拠点として活用する動きが広がっている。金融機関はコスト削減のため店舗の統廃合に取り組む。一方、市街地にあったり、歴史ある建物だったりする店舗は多い。立地などの特徴を生かしてカフェや図書館が開かれ、地元住民らが集う場になっている。

江戸時代の街並みが残る千葉県香取市の佐原地区に2020年11月、カフェレストランと革製品店がオープンした。佐原信用金庫(香取市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1863文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン