/

この記事は会員限定です

「主体的教育、先進的に」 宇都宮海星の大塚理事長 

[有料会員限定]

カトリック系女子校の宇都宮海星女子学院中学校高等学校が2023年度から共学の「星の杜(もり)中学校高等学校」に生まれ変わる。海星女子学院は定員割れが続き、中学校は21年度から募集も停止していた。同校を運営する宇都宮海星学園の理事長に就任した大塚雅一氏(キッズコーポレーションホールディングス社長)に目指す学校像を聞いた。

――喫緊の課題は学園の再生です。

「学校法人では基本的には生徒数に応じて助成...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1052文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン