/

この記事は会員限定です

十八親和銀行や広島銀行、地域の工場縮小対策に奔走

地域金融の現場から 縮む地盤と向き合う(上)

[有料会員限定]

人口減少や低成長で資金需要が細るとともに、長引く低金利で地銀や信用金庫の事業環境は厳しさを増している。逆風が吹くなか、地域経済を支えようと苦闘する地域金融機関の姿を追う。

「協力企業の仕事が無くなってしまう。なんとか支援していただけないか」

長崎県佐世保市で佐世保重工業(SSK)が今年1月、新造船事業を休止した。この約1年前、十八親和銀行の佐世保本部(同)を訪れたSSK幹部はこう訴えた。同本部が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1012文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン