/

日精ASBと芝浦機械、射出成型機のインド展開などで協業

プラスチック容器射出成型機の日精エー・エス・ビー機械芝浦機械は6日、射出成型機のインド向け展開などでの協業に向けた覚書を締結したと発表した。双方の強みを組み合わせることで、インドでの市場シェア首位を目指す。

芝浦機械の技術をベースに電動の小型射出機の新シリーズを立ち上げ、日精ASBが持つインドでの生産拠点などを生かして製造する。医療器具や日用品などを生産する企業への販売を想定しており、双方の営業ルートを活用して売り込む構想だ。

具体的な役割分担や詳細なビジネスモデル、事業展開のスケジュールなどは未定で、今後協議する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン