/

浜松市、自宅療養者の医療体制強化 9月補正予算案

浜松市は6日、一般会計に12億6200万円を追加する2021年度9月補正予算案を発表した。新型コロナウイルス禍のなか、自宅や宿泊療養施設で療養する患者への医療体制を強化する。コロナ禍で売り上げが落ち込んでいる中小企業を対象に、将来を見据えたデジタル化への取り組みを支援する。

自宅や宿泊療養施設で療養する患者が増えているなか、こうした患者の医療体制の強化へ2億円を計上する。自宅や宿泊療養施設で療養する患者の症状が悪化した時、保健所の依頼で診療する医療機関への協力金交付などに充てる。

コロナの影響で売り上げが落ち込む中小企業を対象に、キャッシュレス対応やテレワーク導入などデジタル化を支援する補助金を創設する。8億円を計上する。中小企業に20万円、個人事業主に10万円を上限に補助する。

8月31日発表分と合わせて2本の補正予算案を、7日開会する市議会9月定例会に提出する。補正予算案の総額は84億円で、補正後の一般会計総額は3637億9800万円。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン