/

この記事は会員限定です

神奈川の自治体、行政手続き「スマート窓口」導入相次ぐ

[有料会員限定]

川崎市や神奈川県海老名市など、神奈川県内の自治体で行政手続きがオンラインで事前申請できる「スマート窓口」の導入が相次いでいる。転入届や各種証明書の発行に必要な申請書を、役所に行く前にスマホなどで申請・入力しQRコード化する。窓口ではQRコードを提示するだけで申請できるというものだ。行政手続きのデジタル化の一環で、待ち時間の短縮や混雑緩和につなげたい考えだ。

川崎市は4日からサービスを始めた。対象...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り310文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン