/

金沢市の新ビジネス拠点、オフィス入居者第1期募集

金沢市は8月に開設する新ビジネス拠点「金沢未来のまち創造館」内のオフィス、シェアオフィス、研究室の入居者の第1期募集を始めた。新たな事業を計画していたり、事業を始めてから3年未満の人などが対象。入居者は日常的に相談が受けられるほか、産学官の交流イベントに参加できたりといった利点がある。

オフィス6室のうち3室、定員10人のシェアオフィスのうち5人分、研究室4室のうち2室をそれぞれ募集する。締め切りは7月26日。審査会を経て入居者を決める。施設のオープン後に第2期として、残りの部屋などの入居者を募る。

この施設は市の中心部にある旧野町小学校の校舎を増改築して整備した。起業や新ビジネスの拠点となると同時に、子ども向けスペース、最新の調理機器を備えた部屋などもある。市は起業支援や食の分野などで実績がある地元企業でつくる一般社団法人に施設に関係する事業を委託している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン