/

この記事は会員限定です

過疎地域は週2日営業、アプリ接客も 伊予銀行が効率化

地域金融のいま

[有料会員限定]

伊予銀行が店舗網の見直しとデジタル化の推進を一体で進めている。過疎地域の支店を機能を抑えた店に転換し、オンライン接客アプリも導入。少子高齢化などの地域課題が地方に根ざす地銀の体力をすり減らすなか、店舗再編によるコスト削減と顧客との接点維持の両立を目指す。

夕日の絶景スポットで知られる愛媛県伊予市の双海町地区。ここに週に2度だけシャッターが開く支店がある。新たな店舗形態として開いた「いよぎんSMA...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1238文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン