/

この記事は会員限定です

信州産の雑穀「ソルガム」普及へ AKEBONOの井上氏

多彩人財

[有料会員限定]

ポリフェノールや食物繊維などを多く含む雑穀「ソルガム」の栽培が、長野県で徐々に広がりつつある。「信州産ソルガム」として需要拡大などに取り組んでいるのが、2018年に移住してソルガム製品の販売を手掛けるAKEBONO(長野市)を創業した井上格さん(32)だ。

ソルガムは「タカキビ」や「コーリャン」とも呼ばれる雑穀で、健康効果があるとされる成分を多く含んでいるという。粒のまま料理に使うとプチプチとした...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り783文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン