/

栃木県、ものづくり強化へ県内7企業に補助金交付

栃木県は県内中小企業の研究開発を支援する「ものづくり技術強化補助金」と「先進的技術・製品開発支援補助金」について、2022年度の交付対象となる7社を選定した。原材料費や設備投資費用など諸経費の最大5割を県が補助する。

ものづくり技術強化補助金は独自技術の開発などに取り組む企業を支援する制度で補助上限は1000万円。22年度の交付対象は宇井精密製作所(足利市)、室井光学(大田原市)、ケイエムシー(宇都宮市)、日本電子工学(同)の4社だ。

先進的技術・製品開発支援補助金は県が「戦略3産業」と位置づける自動車、航空宇宙、医療福祉機器の分野で製品・技術開発に取り組む企業を支援する制度で補助上限は2000万円。22年度の交付対象は大正光学(鹿沼市)、日冷工業(栃木市)、深井製作所(足利市)の3社を選んだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン