/

ヒルトン広島22年秋に開業、総支配人「まずは国内誘客」

2022年秋に開業予定のヒルトン広島(広島市)のサミュエル・ピーター総支配人は6日、広島県の湯崎英彦知事を訪れ、工事の進捗やホテルの概要について説明した。開業直後は国内での誘客に力を入れることや、国際会議といった「MICE」の誘致を進める方針を伝えた。ピーター氏は「広島を拠点に長期滞在してもらえるようなホテルを目指す」と話した。

ヒルトン広島は客室数が420室、レストランやチャペルなどを備えた大型ホテルとして22年4月に竣工する見通し。国際会議や展示会などを開催できる会場や設備も用意しており、広島県内へのMICE誘致に弾みがつくことが期待されている。

ピーター氏は「新型コロナウイルスの状況にもよるが、22年末ごろにはMICE誘致やインバウンド(訪日客)向けのビジネスを始めたい」との意気込みを話した。湯崎知事は「完成が待ち切れない。世界中の人々をおもてなししてもらえることを期待している」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン