/

この記事は会員限定です

マルチワーク先進地へ 山形・小国、過疎地移住呼ぶ

東奔北走

[有料会員限定]

気に入った土地で、季節ごとに様々な仕事をしながら暮らす。そんなマルチワークと呼ばれる生活スタイルが、山形県南部の小国町に定着しつつある。コーディネーターは首都圏からの移住者。移住定住の促進や担い手不足解消を目指す町も全面的に支援する。同県白鷹町も導入に動き出すなど、過疎地を中心に関心が高まっている。

「空き家ただであげます」。おぐにマルチワーク事業協同組合(おぐマル)のサイトをのぞくと、トップペ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1512文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン