/

特別自治市構想で対立、神奈川県知事と3政令市長が会談

政令市が道府県から独立して権限や財源の移譲をめざす「特別自治市構想」を巡り、神奈川県知事と横浜・川崎・相模原の3政令市長が議論する懇談会が6日、横浜市役所内で開かれた。人口減少や財政難の中、同構想を実現したい3政令市と否定的な県との対立が鮮明になっている。

3政令市は、子育て支援や河川管理、都市計画などで県と政令市の「二重行政」を解消すれば、行政サービスの向上や効率的な行政運営につながると主張。新型コロナウイルスへの対応も、政令市が権限や財源を持てば、より迅速にできるとしている。

これに対し、県は政令市が特別自治市に移行した場合、財源不足から政令市以外の市町村で県の行政サービスの水準が落ちると指摘。新型コロナ患者の入院搬送や災害対応など広域自治体として県が果たす「総合調整機能」にも支障が生じると反論している。

6日の懇談会は約1時間余り、公開の場で行われた。特別自治市構想についての議論は平行線のままだったが、今後も「住民目線」から4首長で話し合っていくことを合意した。

懇談会後の記者会見で、神奈川県の黒岩祐治知事は「スタート地点では意見が大きく離れているが、議論を練り上げていきたい」と語った。横浜市の山中竹春市長は「少子高齢社会での行政サービス提供について新しい地方自治のあり方を考える時期に来ている」と指摘した。

川崎市の福田紀彦市長は「住民目線で議論を深めていきたい」と話し、相模原市の本村賢太郎市長は「人口減少社会で神奈川県がどう生き残っていくかについては基礎自治体としても関心の高い問題だ」と語った。

特別自治市構想の実現には地方自治法の改正などが必要で、全国知事会では反対や慎重論も多い。全国20政令市でつくる指定都市市長会は早期実現を求める提言を取りまとめるなど国への働きかけを強めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン