/

新潟県内の新型コロナ感染者87人、5カ月ぶり2桁に減少

新潟県内で6日確認された新型コロナウイルスの感染者数は87人となり、約5カ月ぶりに2ケタとなった。4月6日には850人を記録するなど春先にかけて急拡大したが、4月下旬以降は減少傾向に転じた。県は4月28日に警戒状態の解除を決め、経済社会活動の正常化へ政策の軸足を移している。

6日の感染者数(87人)の内訳は、新潟市が53人、新潟市以外が34人だった。1月11日以来の低水準となった。新潟県内の新型コロナウイルスワクチンの3回目接種率は全国でも有数の高さで、4回目接種も5月26日以降、県内市町村で順次始まっている。県は感染拡大防止対策を続けながら、経済社会活動の正常化を進める方針だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン