/

この記事は会員限定です

広島市、市内バスに「上下分離」導入検討 2024年度にも

[有料会員限定]

広島市が市内のバスに「上下分離」方式を導入する検討を進めている。市が市周辺のバス8社と共同出資で新会社を設立。車両や車庫などの資産を新会社が保有し、バス会社が借りて運行する仕組みだ。運行自体も競合を避けるよう調整する。地域公共交通の維持が狙いで、最短で2024年度の実現を目指す。

8社は広島電鉄(広電バス)や広島バス、広島交通などで、市内の主要バスを網羅している。運営に関する新たな組織を市も加え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り467文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン