/

この記事は会員限定です

茨城・つくば市、スーパーシティ内定 規制緩和に期待

[有料会員限定]

茨城県つくば市が、人工知能(AI)など先端技術で地域の課題に対処する「スーパーシティ型国家戦略特別区域」に内定した。全国の31自治体が応募するなか、同市と大阪市が選ばれた。北関東では前橋市も応募していたが、今回は見送られた。研究機関が集積する「科学の街」の強みを生かし、社会課題を解決する取り組みが動き出す。

首相直轄の国家戦略特区諮問会議の専門調査会で4日夜に了承された。同会議の審議後、閣議決定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1125文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン