/

この記事は会員限定です

東北電力、炭素排出量を半減へ 実現のハードルは高く

東奔北走

[有料会員限定]

東北電力は2030年度に二酸化炭素(CO2)の排出量を13年度比で半減する。このほど具体策をまとめた。バイオマスの活用などを想定するが、熱効率の高い火力発電所の置き換えが限られるため、実現のハードルは高い。削減効果の大きい原子力発電所の再稼働も焦点となる。

東北電の13年度のCO2排出量は4563万トン。これを半分にするには2300万トン近い削減が必要だ。すでに20年度実績で3012万トンまで減...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1210文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン