/

この記事は会員限定です

「100年フード」各地に続々 地域の食文化、次代へ

[有料会員限定]

地元ではメジャーなのに、よそでは意外と知られていない伝統料理やスイーツは多い。地域に根付いた食文化を掘り起こそうと、文化庁は「100年フード」として認定し、PRを後押しする事業を2021年度に創設した。公募で選ばれた多彩な100年フードを紹介する。

笠間の栗、「全国的な知名度はいまひとつ」

「笠間の栗菓子文化」の認定を受け、新たな観光誘客に取り組むのが茨城県中央部の笠間市だ。日本一の栗の生産量を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1760文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン