/

この記事は会員限定です

旧北陸線トンネル群 近代化支えた鉄道の道

映える!

[有料会員限定]

福井県南越前町から敦賀方面に向かう山中を車で走ると、れんが造りのトンネルがいくつも連なっている。明治期には線路が通り、福井の繁栄を支えた鉄道遺構「旧北陸線トンネル群」だ。廃線後も道路として残り、当時の建築技術を今に伝える産業遺産となった。滋賀県長浜市まで続く鉄路として、2020年には日本遺産にも認定された。

「明治期の鉄道トンネルを車で通れるのは、全国的にも非常に珍しいはず」。福井県生涯学習・文化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り633文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン