/

この記事は会員限定です

山陰両県と中国電が協定 原発防災巡り

[有料会員限定]

島根・鳥取の山陰両県と中国電力は6日、島根原子力発電所(松江市)を巡る原子力防災に関しての協定を締結した。3者の相互連携や、中国電が両県に対して、人員・資機材の支援、避難時の放射性物質検査などで協力することを明記した。

鳥取県と中国電力との間では、原子力防災対策の経費のうち国の財源措置がない分について、中国電が一定の継続性を持った応分の負担をすることを定めた協定も締結した。鳥取県は従来、中国電か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り224文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン