/

米軍横田基地が管制塔公開 無人機グローバルホーク離陸

米空軍は横田基地(東京都福生市など)の航空管制塔とレーダー進入管制業務を報道陣に公開した。同基地では輸送機や戦闘機などの軍用機のほか、民間チャーター機や小型機なども含めると月平均約3000回の離着陸があるという。管理する「横田空域」は多くの旅客機が離着陸する羽田空港に隣接するため、担当者は「太平洋地域にある米軍基地の管制では最も忙しい」と説明した。

管轄する第374空輸航空団によると、管制塔は高さ約33メートル。軍用機の離着陸のほか、陸上を走る軍用機や車両の誘導、天候状況など監視している。

公開した3日には、無人偵察機「グローバルホーク」も離陸していた。地下では照明を落とした暗い部屋で4、5人の担当者が横田空域を飛行する航空機を映したモニターを監視しながら、パイロットと交信していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン