/

この記事は会員限定です

横浜・山中市長就任1カ月 改革の財源なお不透明

[有料会員限定]

横浜市の山中竹春市長(49)が就任して1カ月がたった。9月の市議会では新型コロナウイルス対策を中心とした補正予算を成立させたほか、市長選での公約通りカジノを含む統合型リゾート(IR)誘致の撤回を宣言した。ただ、市政改革に必要な財源は依然として明示されておらず、実現への先行きには不透明な部分も残る。

「若者世代の接種加速が重要。特に20~30代の接種率を高めたい」。就任から1カ月たった9月30日の記...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1212文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン