/

この記事は会員限定です

徳島県南で新ビジネス 新興2法人が炭窯や寺子屋運営

[有料会員限定]

地域の活性化に取り組む徳島県南部のスタートアップ2法人が、相次いで新事業を立ち上げた。あわえ(美波町)は伝統の樵木(こりき)林業の再興を目指す新会社を設立した。ディスポート(海陽町)はネット募金を活用し、現代版の寺子屋を運営する。両者は共同で、都会と地域の子供らの交流を促す新団体「ミライの学校」(美波町)も発足させた。

あわえは地元出身の吉田基晴社長が2013年に設立し、サテライトオフィスの誘致や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1115文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン