/

この記事は会員限定です

水害に備え「高台まちづくり」 都内モデル地区で対策

[有料会員限定]

大規模水害時に避難路や避難所を確保する「高台まちづくり」が、東京都内の沿岸部や河川流域で進められている。建物が密集して広域避難先の確保が難しい中、住民らの生命や最低限の避難生活を守る狙いだ。堤防拡幅や避難路の建設などの工事を伴うだけに、地域の官民が一体となった推進体制が課題となる。

高台まちづくりの考え方は、国土交通省と都が2020年12月にまとめた「災害に強い首都『東京』形成ビジョン」で示され...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り722文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン