/

積水メディカル、茨城・東海村で放射能漏れ 影響限定的

茨城県は5日、同県東海村にある積水メディカル(東京・中央)の研究施設で放射能漏れがあったと発表した。放射性物質を含む廃液を送る排水管が破れており、放射性物質の炭素14とトリチウムを合わせた濃度が検出限界値の39倍になっていた。現時点で土壌や空気の汚染はなく、人的被害もない。施設は使われておらず、影響が広がる可能性は低いという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン