/

栃木県産牛肉、東京市場の品評会で最優秀賞を総なめ

JA全農とちぎは5日、東京都中央卸売市場食肉市場(東京・港)で1日に開かれた牛肉の品評会「2022年度全農肉牛枝肉共励会」で、栃木県の出品者が和牛去勢、和牛雌、交雑種の3部門すべてで最優秀賞を受賞したと発表した。3部門の最優秀賞受賞は全国初。

全農肉牛枝肉共励会はJA全農の主催で年1回開催される。第24回となる今回は17都県から321人の生産者が出品し、県内からは最優秀賞を含む6人が受賞した。2021年度に最優秀賞を受賞したのは交雑種の1部門のみだった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン