/

トナミHD、岐阜市の運送会社と協業 拠点や配送網活用

トナミホールディングス(HD)は5日、岐阜市に本社を置く濃飛倉庫運輸と協業すると発表した。複数の荷主の貨物を集めて運ぶ混載トラック(特積み)について、主に濃飛倉庫がトナミHDの事業インフラを活用する。中部を中心に配達業務でも協力する。人手不足や二酸化炭素の排出量削減といった陸運業の課題に協業で対応する。

トナミHDの中核子会社であるトナミ運輸と濃飛倉庫が連携する。名古屋市港区にトナミ運輸が持つ拠点の一部スペースに、濃飛倉庫が11日付で営業所を設ける。特積みについては、主にトナミ運輸や提携先のトラックを使って全国に配送する。

濃飛倉庫は中部を中心に関東や関西への輸送ネットワークを持つ。全国への配送が可能なトナミ運輸のインフラを活用し、効率いい配送体制を築く。トナミ運輸もドライバーの労働時間の短縮や配送コストの削減につなげることが可能になるとみている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン