/

松本―那覇間でチャーター便 JTAが初就航

日本航空(JAL)グループの日本トランスオーシャン航空(JTA、那覇市)は、松本空港(長野県松本市)と那覇空港(那覇市)を結ぶチャーター便を、31日から2往復4便運行する。松本空港に同社のチャーター便が就航するのは初めて。

チャーター便は松本発と那覇発で1往復ずつ飛ばす。いずれも往路は31日に、復路は11月3日に運航する。機材はボーイング737-800で、座席数は165席。長野県は沖縄県との交流を強化する方針で、2020年10月には阿部守一知事が沖縄県を訪れ、JTAなどにトップセールスを展開していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン