/

島根県、出雲保健所の体制強化 コロナ感染急拡大で

島根県は5日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、感染者が急増している地域を受け持つ出雲保健所の体制を強化することを決めた。飲食店を利用する際の人数制限などの要請も県内全域に拡大する。

5日発表の県内の感染者は過去最多の755人となり、丸山達也知事は「これまでで飛び抜けて厳しい状況」と指摘。出雲保健所管内が400人超と過半を占め、手いっぱいになっていることから、同保健所の一部業務を松江市の県庁本庁で代行する。5日から全庁の事務職員50人の応援を得て、陽性告知や行動制限の依頼などの業務を担う。応援はできるだけ早期に100人体制にする計画だ。

また、これまで出雲市、松江市など県東部4市で求めていた飲食店を利用する際の人数制限などを、7日から県内全域に拡大する。4市では4人以内、4市以外では8人以内で、利用時間はともに2時間以内とするよう求める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン