/

みちのくコカ・コーラ、盛岡市に本社移転へ

みちのくコカ・コーラボトリング本社の敷地面積は約7ヘクタールに達する(岩手県矢巾町)

北東北3県でコカ・コーラ製品の製造・販売を手掛けるみちのくコカ・コーラボトリング(岩手県矢巾町)は5日、本社を9月21日に盛岡市内に移転すると発表した。現本社は売却し、売却益を生産体制の強化やIT(情報技術)関連の投資に振り向ける。

移転先は盛岡市の中心部にある朝日生命盛岡中央通ビル。現本社には136人が勤務しているが、このうちグループ会社を除く約110人が新本社に移る。当面は同ビルに入居するが、市中心部で用地の取得も進めており、将来は新社屋の建設を目指す。

みちのくコカ・コーラボトリングの本社移転先となる「朝日生命盛岡中央通ビル」(盛岡市)

現本社は3階建てで、建築面積約9300平方メートル、敷地面積約7ヘクタール。同社は「広大な敷地の有効活用を図るため、以前から移転を検討していた」と説明。「盛岡は公共交通機関のアクセスが良いうえ、飲食店なども多くて清涼飲料水の市場が近い。様々な企業・団体とも緊密に連携しやすい点を評価した」としている。

本社の売却を巡っては米物流大手のプロロジスとすでに合意。みちのくコカは売却益を花巻工場への最新鋭の製造設備導入や自動販売機の売り上げ状況を即時把握できるIT関連投資に充てる考え。製造設備やIT関連への投資は今後3年間で80億円規模を見込む。

同社は1962年に盛岡市で創業。花巻市への移転を経て02年から矢巾町に本社を置いている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン