/

金沢エムザ、年内に全面改装完了 大型書店を開業

金沢丸越百貨店(金沢市)は5日、「金沢エムザ」(同)に大型書店「TSUTAYAブックストア」を開業した。書籍・文具に加えて家電や化粧品をそろえ、学生など多様なニーズに対応する。年内には百貨店の全面改装を終える予定で、収支の改善を急ぐ。

TSUTAYAブックストアは石川県内では2店舗目で、金沢市内では初出店。売り場面積は約1500平方メートルで、12万冊の書籍、6000種類の文具や雑貨を販売する。今秋には勉強や読書に使える「シェアラウンジ」を併設する。

金沢丸越百貨店は2021年に名古屋鉄道からディスカウントストアを運営するヒーロー(茨城県牛久市)に売却された。20年3月期の最終損益は17億円の赤字で、22年3月期も最終赤字だった。

金沢丸越百貨店の熱田隆明社長は「赤字が続き、百貨店としてどうあるべきかを考えた。改装を通じ、なじみのなかった客層にも来てもらえるようにする」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン