/

この記事は会員限定です

マグロ逃がしブリ残すスマート定置網 青森で漁獲枠管理

[有料会員限定]

漁業会社ホリエイ(青森県深浦町)は東京海洋大学などと共同で、資源保護対象の小型クロマグロ(30キロ未満)を効果的に逃がす定置網漁法を開発した。ブリやタイなど同時に網に入った他の魚種はそのまま捕獲できるのが特徴。定置網漁を休漁する必要がなく漁業収入の安定につながる。資源保護が求められる魚種が広がるなか、マグロ以外でも応用できるようにしている。

定置網漁は沖合に大きないけす状の網で囲いをつくり、そ

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1038文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン