/

この記事は会員限定です

徳島・阿佐海岸鉄道、DMV1周年「知名度向上へ全力」

[有料会員限定]

道路と線路の両方を走るバス兼列車の「DMV(デュアル・モード・ビークル)」。徳島・高知の県境で世界初の営業運転を始めて、25日で1周年を迎える。乗客はこの1年で約4万人と列車運行時代の2倍を見込む。運営する第三セクター、阿佐海岸鉄道(徳島県海陽町)の三浦茂貴社長(同町長)は「世界初の話題性があるうちに、全力で知名度を高めたい」と話す。

――まずは、この1年をどう振り返りますか。

「山あり谷あり、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1384文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません