富山大学、内閣府の産学官連携推進事業に採択 - 日本経済新聞
/

富山大学、内閣府の産学官連携推進事業に採択

富山大学は5日、地域の産学官連携を推進する内閣府の「地域中核大学イノベーション創出環境強化事業」に採択されたと発表した。富山大では地元の中心産業であるアルミや医薬品・医療といった分野で産学官連携の研究をしており、同事業を活用して社会実装をめざす。

富山大には用途を問わず使用できる交付金が2022年度に1億5000万円出される。富山大ではアルミや医薬品のほか、データサイエンスやカーボンニュートラルといった分野も重点項目に入れている。斎藤滋学長は「社会実装を目指す上で、地元企業とのコーディネーターや教員の拡充に交付金を充てたい」と話した。

同事業は内閣府が22年度から始めた。地域の産業や特色にスポットを当てた研究や教育を実践し、地元の産業界などからの投資を呼び込める大学を支援する仕組み。文部科学省や同省所管の独立行政法人を除く官庁や、自治体による事業に参画している国立大学や私立大学が対象となる。

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません