/

横浜スタジアムでテレワーク ベイスターズが観覧席提供

野球場に仕事で連れてって――。プロ野球の横浜DeNAベイスターズ(横浜市)は、本拠地・横浜スタジアムの個室観覧席をワーキングスペースとして活用する。主催試合がある8日、15日、19~21日の計5日間が対象で、午前9時半~午後3時半までバックネット裏のスタンド上部にある部屋でテレワークできるようにする。

料金は個人利用が1人3300円、団体利用は定員4人の部屋が2万2000円、定員8人の部屋が4万4000円。無料でWi-Fiを使える。プロ野球観戦のチケットは別売りで、観戦せずにテレワークだけの利用も可能だという。利用者は同社が運営するコワーキングスペースを割引価格で利用できる。

同社は横浜スタジアムをプロ野球の試合以外で有効活用する。既に予約を受け付け始め、一部の日程は定員に達している。今後は利用状況を見て継続するか検討する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン