/

この記事は会員限定です

「フードロス」削減、自治体と事業者の連携進む

#ハッシュタグ

[有料会員限定]

SDGs(持続可能な開発目標)の取り組みの一環として、フードロス削減に向けた首都圏の自治体と事業者の連携が進んでいる。事業者だけでは取り組みが市民に認知されにくいため、自治体が支援することで地域住民らに参加を促す狙いがある。

2021年11月、千葉県内でパン店「マロンド」をチェーン展開する川島屋(千葉市)と醸造所の幕張ブルワリー(同)は、フードロスが見込まれるパンを使った発泡酒「パンビール」を開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1501文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン