/

この記事は会員限定です

迫る太陽光パネル大量廃棄 東京都、リサイクル体制整備

News潜望展望

[有料会員限定]

使用済み太陽光パネルの大量廃棄が急増するとされる2030年代半ばを前に、東京都が住宅用太陽光パネルをリサイクルする体制の整備に着手する。事業用発電所が少ない都内では廃棄パネルの大半を住宅用が占める見通し。都はリサイクル業者などと協議会を立ち上げ、パネルを循環利用する仕組みづくりを進める。

太陽光発電は東日本大震災後の12年に始まった再生可能エネルギーの「固定価格買い取り制度(FIT)」をきっかけ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1282文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン