/

「ロック・イン・ジャパン」千葉市で開催 茨城から変更

新型コロナウイルス禍のため2年連続で中止となっていた国内最大級の野外音楽イベント「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル」を千葉市内の蘇我スポーツ公園で8月に開催すると5日、主催者が発表した。例年茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園が会場だったが、新型コロナ感染防止の観点から変更し、3年ぶりの開催となる。

千葉市の神谷俊一市長は「万全な感染対策が可能な野外フェスにとって唯一無二の会場との評価をいただいた。主催者の趣旨に賛同し、開催に向けて調整を進める」とコメントした。

野外の音楽フェスは、複数のステージがあり、そこを参加者が移動しながら楽しむため、感染対策が課題となっていた。蘇我スポーツ公園は数万人が入るライブエリアが隣接しており通路も広く、従来の会場より参加者が密を回避しながら移動できるという。21年5月には同じ主催者が野外音楽イベントを開催した実績もある。

ロック・イン・ジャパンは19年は33万人以上を動員した。観客の多くが茨城県外から訪れることなどから、20年は感染拡大防止策の徹底が困難と判断し中止。21年はコロナの感染拡大を懸念する茨城県医師会の要請を受けて中止した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン