/

この記事は会員限定です

広島県、河川やダム情報を無料提供 データ連携しやすく

[有料会員限定]

広島県はオープンデータ化した河川やダム、橋など県が管理する公共土木施設に関する情報の無料提供を始めた。情報プラットフォーム「DoboX(ドボックス)」を立ち上げ、インターネット上で公開している。各種システムとデータを連携させやすいのが特徴で、県は防災を中心に幅広い活用が可能とみている。

県が公開しているのは施設の点検結果やボーリングなど公共工事のために収集した各種データ。これまでは各部署が個別に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り281文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン