/

この記事は会員限定です

臨時の医療施設、15都道府県に 人材・場所の確保課題

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルス患者の増加に備え、臨時の医療施設を設ける自治体が相次いでいる。日本経済新聞社が都道府県の対応を調べたところ、8月末までに15都道府県が設置。さらに25府県が今後設置を計画・検討中だが、医師や看護師、設置場所の確保など実現への課題も多い。

臨時医療施設は新型インフルエンザ対策の特別措置法に基づき、自治体が設置する。通常のコロナ専用病床が逼迫した際、即時入院が難しい自宅療養者らを短期...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り728文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン