/

東京・千代田区、コロナ自宅療養者診療の新体制

千代田区は医師会などと連携して自宅療養者の診療体制を強化した

東京都千代田区は5日、自宅療養している新型コロナウイルス患者への診療体制を強化したと発表した。区医師会や区内医療機関と連携し、保健所が診療が必要と判断した患者に電話やオンラインでの診療、往診にあたる。自宅療養者から「医師に相談できる仕組みがほしい」との声があったことに対応した。

区医師会の19診療所が当番制で診療にあたる。保健所が健康観察している患者が体調悪化や不安の訴えた場合、診療所に連絡して診療してもらう。診療結果に応じて酸素濃縮機を処方したり、外来診療をする区内の東京逓信病院と三楽病院に救急搬送したりする。これまでは、健康観察で診療が必要と判断されても、一部の医療機関が個別に対応するにとどまっていた。

対応時間帯は当番診療所によって異なる。区薬剤師会とも連携し必要な薬剤は宅配する。区によると、区内の自宅療養者は現在約120人で、このうち約30人は入院を希望する待機者となっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン