/

この記事は会員限定です

北信越の祭り、交流人口を拡大 長岡花火3年ぶり開催

データで読む地域再生 信越・北陸

[有料会員限定]

地域に根づいた祭りは、北信越5県でも大きな経済効果を生む。2022年は長岡まつり大花火大会(長岡花火大会)が3年ぶりに実施されるなど、新型コロナウイルス禍の感染防止対策との両立を模索する。文化・伝統・技術をつなぐだけでなく、宿泊や周辺観光など交流人口拡大でも大きな効果がある祭りの復活に期待がかかる。

新潟県長岡市などは4月、8月2~3日に長岡花火大会を開催することを決めた。コロナ禍前と同規模の打...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1216文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン