/

群馬県、新たに30人感染 工場のクラスターで拡大

群馬県は5日、新型コロナウイルスの感染者が新たに30人確認されたと発表した。直近1週間平均の新規感染者数は12.9人で、前週(2.3人)比で約5.6倍だった。同県太田市の工場でクラスター(感染者集団)が発生しており、5日に確認された感染者のうち26人が同工場の従業員だった。この工場での感染者は累計42人になった。

太田市の工場での感染者42人はいずれも10代から50代の男女で、重症者はいない。ワクチンの接種状況をみると、2回接種してから2週間経過していたのは29人で、未接種が9人だった。4人は確認中だ。

県が2検体を抽出してデルタ型のスクリーニング検査を行ったところ、いずれも陽性だった。 

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン