/

この記事は会員限定です

連泊プランでモニターツアー DMC鬼怒川温泉の挑戦

ワーケーションで需要開拓

[有料会員限定]

栃木県日光市の鬼怒川温泉で、宿泊事業者などが共同で新しい宿泊プランづくりを始めている。「東京の奥座敷」と呼ばれた温泉地の一つで1泊2日の団体旅行が中心だったが、新型コロナウイルス禍で団体旅行がなくなった。新しい客層を開拓すべく、旅先で仕事もするワーケーションのモニターツアーを実施した。目指すは鬼怒川温泉に連泊する滞在型モデルの確立だ。

取り組んだのは鬼怒川・川治温泉エリアのホテル事業者やツアー会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1205文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン