/

この記事は会員限定です

「移住公務員」、関東は埼玉・小鹿野町が増加数トップ

データで読む地域再生 関東・山梨編

[有料会員限定]

地方に移住して活性化に取り組む「移住公務員」(地域おこし協力隊)の人数が2020年度に前の年度から最も増えた都道府県を調べたところ、関東・山梨では14人増の埼玉県がトップだった。市町村別でも同県の小鹿野町が6人増で首位だったほか、横瀬町も上位に入った。ただ、人材の獲得競争が激しくなり同年度に隊員数を減らした自治体も多い。隊員の任期終了後に地元に定着してもらう工夫も必要になっている。

データで読む地域再生

埼玉県では秩父...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1360文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン